時間と金銭感覚

三十路をすぎてから変わったことの一つは、「金銭感覚」と「時間」の使い方です。二十代前半のころは、機能性よりデザイン重視でした。洋服も靴も、バッグも、使い勝手が悪くても、可愛ければ良しと、考えていたのですが、最近は、逆になりつつあります。物は、すべて道具だと思い、まずは、使いやすいか、持っていて疲れないのかを重視してしまいます。
そして、時間にたいする感覚もずいぶんと、変わりました。具体的には、以前は、少しでも退屈な時間があれば、いてもたってもいたたまれず、スケジュール帳を真っ黒にしていたものです。しかし、最近では誰かと会うよりも、ひとりでいる時間がかけがえのない至福の時だと感じます。誰とも会わず、何もせず、まるで引きこもりの人みたい、家族からも、そんなふうに笑われました。これはどういう変化でしょうか。老化なのか、年を重ねて、本当のメッキが剥がれた自分が出てきたのか、おそらくその両方だと思います。
ですが、結局のところ周りがどう考えているかは誰にもわかりません。しかし自分がどのように感じているのかは、わかりますよね。だから、第三者の目をおびえて暮らすより、自分の価値観を大切にしたいものです。

コメントは受け付けていません。